女性のための大人可愛いWEBサイト制作スタジオ

【ウェブサイト制作準備】ウェブサイトに鍵をつけよう

ウェブサイト制作準備

ウェブサイトに鍵をつける

ウェブサイトを制作する際、制作環境をまず整えます。まずはどこにつくるのかを決めます。

利用予定のサーバに作る
本番環境とは別のサーバ内に作る
ローカルにテスト環境を作る

選択肢はいくつかありますが、新規案件の場合、手っ取り早く利用予定のサーバ内に作る機会が多いと思います。その場合、通常公開まではベーシック認証IPアドレス制限をかけて関係者以外は閲覧できない状態にしておきます。

今回はXSERVERでのベーシック認証をかける手順を紹介します。

 

XSERVERでベーシック認証をかける手順

XSERVERのサーバーパネルにログインします。

IDとパスワードは登録をしたときのメールに書いてあります。

 

ホームページのなかのアクセス制限をクリックします。

 

鍵を付けたいサイトのドメインを選択します。

 

アクセス制限をONにし、ユーザー設定へ進みます。

 

 

ユーザーIDとパスワードを決めて入力し、ユーザーの追加を選択。

 

これで設定は終了です。

 

ウェブサイトを表示させようとしたら認証画面がでました。先ほど入力したユーザ名とパスワードを入力すればサイトを閲覧することができます。

 

 

5分もかからずできた!

XSERVERなら5分もかからず、XSERVERのサーバパネル内からベーシック認証の設定ができました。